児童虐待の再発防止をめざし、家族再統合プログラムを提供しています
特定非営利活動法人 チャイルド・リソース・センター

サポーターメッセージ

チャイルド・リソース・センター(CRC)を支えてくださり、ありがとうございます。
私たちの活動を支えてくださる皆様からいただいたメッセージをご紹介いたします。

CRCさんとの接点は、国と民間が共同で運営するPFI(プライベート・ファイナンス・イニシアチブ)方式の刑務所である社会復帰促進センターの運営において、矯正教育としては画期的な「父親教育プログラム」を協働で開発・導入したことから始まりました。親と子の絆や地域との絆、社会との絆など、心のつながりについて考えさせられることの多い昨今、子どもと家族の絆にかかわるCRCさんの真摯な取り組みや姿勢は、今後も着実に社会の共感を得ていくにちがいないと思っています。

歌代 正さん(会社員)

児童虐待の解決は、本当にむずかしい問題だと思います。コツコツと地道におこなわれているCRCさんの活動がとぎれることなく、子どもたちへの支援がこれからも届きますようにと願いながら寄付をしています。

大音 秀則さん(吹田市役所)

2010年晩秋、吹奏楽部チャリティコンサートの寄付先をインターネットで探していて、CRCさんにたどりつきました。その後、代表の宮口さんから活動についての説明を聞き、私たちの周りにも虐待を受けた子どもたちがいることを初めて知りました。
2011年4月に「第21回定期演奏会~子どもの未来への架け橋となるチャリティコンサート~」を開催。大勢の来場者に恵まれ、CRCさんに寄付をすることができました。

兵庫県立西宮高校 吹奏楽部 Iさん・Yさん・Mさん

行政ではなかなか対応できない役割を果たしてくださっており、本当に頼りにしています。
親子の絆をはぐくむプログラムなどきめ細やかなノウハウがすばらしいので、より多くの人々に伝わり共有されるよう、そして自立した活動ができるよう、どんどん売りこんでいけばよいと思います。
CRCさんはこの業界の、今後の活動指針になるのではないでしょうか。心から応援しています。

N・Kさん(A児童相談所長)

子どもに関する社会貢献として、これまで知っていたのは後進国の子どもたちへの支援でした。
知人を通じてCRCを紹介され、スタッフの話に耳を傾けてみて、日本にもCRCのような支援を必要とする子どもたちがいることを初めて知りました。そのような子どもたちがこんなに身近にいることも驚きでした。
ぜひ、後進国の子どもたちに対する支援と同様に、さまざまな人がCRCの活動や子どもたちに関心を寄せて、応援が集まることを願っています。

Y・Aさん(会社員)

知人を通じてCRCを紹介されました。さまざまな理由で親とはなれて暮らす子どもたちが思った以上に多くいること、そんな子どもたちが生活する児童福祉施設が身近にもあることを、私はまったく知りませんでした。
子どもは「宝」です。私たちの未来を支えてくれるのは子どもです。
私のように、こうした活動を知らない人もまだまだ大勢いると思います。活動を継続するためには、財源の確保も重要だと思います。がんばって応援者を増やしてほしいですね。

Y・Kさん(働く女性)