参加した親の声

はじめはお互いに緊張していた親子に笑顔が見られたり、じょじょに距離が縮まったり。
CRC親子プログラムを通して再生していく、親子の姿を。

Aさん親子
印象に残っているのは、子どもと気持ちを共有するということでしょうか。はじめは子どもとどうしゃべっていいかわからなかったけど、子どもの気持ちになって言葉を言う、気持ちの代弁をすることをプログラムで知りました。
Bさん親子
CRCのプログラムを受けていなかったら、「なんで?」から抜け出せていなかったと思います。しんどさの中にグズグズいるだけで、児童相談所の人と言い合っているだけに留まっていたかもしれない。
1人だと、「なんでこうなったんやろうか?」と振り返ることがしんどいから、そこでフタをしてしまう。でも、フタを開けて、解決して、前を見るしかない。
Cさん親子
私の小さい頃のことも聞いてもらいました。子どもの頃の自分が「なんで辛かったのか」、「本当はどうして欲しかったのか?」ということを、これまでじっくり考えたことがなかったですから。
自分がどうして欲しかったのかを考えていくうちに、あの子はどうして欲しかったのかなと考えられるようになりました。プログラムがなかったら、自分が辛いという気持ちばかりだったと思います。